聞いてみよう、スポーツファーマシスト

アンチ・ドーピングの専門家 スポーツファーマシストを活用しよう

「風邪を引いたんだけど、薬に禁止物質が入っていないか心配……」。そんな時、相談したいのが、スポーツファーマシスト。「ファーマシスト」とは、英語で薬剤師を指します。スポーツファーマシストは、最新のアンチ・ドーピング規則に関する情報・知識を持ち、 アスリートを含めたスポーツ愛好家に対して、薬の正しい使い方の指導などを行う専門家です。薬剤師の資格を持ち、JADAが定める所定の課程を修めています。
E-ラーニングでアンチ・ドーピングについて学べる“Real Winner”

スポーツファーマシスト公式サイト

身近なスポーツファーマシストに相談 薬に禁止物質が入っている?

風邪を引いたり、ケガをしてしまったりした場合、使用する薬に禁止物質が入っていないか、スポーツファーマシストに相談しましょう。突然、体調を崩したときに困らないよう、日頃から自宅近くのスポーツファーマシストや、遠征先や合宿所の周辺にいるスポーツファーマシストを事前に調べておくことが大切です。
身近なスポーツファーマシストに相談
シチュエーション別-スポーツファーマシスト活用法-
  • 医師からの処方を受ける場合

    まずは、医師に自分がドーピング検査の対象となる可能性があるため、禁止物質が含まれない薬を処方してもらえるよう伝えてください。医師の禁止物質に対する知識が乏しい場合は、「スポーツファーマシスト」または「薬剤師会ドーピング防止ホットライン」に問合せてもらえるよう伝えましょう。 また、医療関係者用の情報として、症状別に注意が必要な治療薬をチェックできるページを用意しています。診察を受ける際、医師に確認してもらうよう伝えてください。 病院で確認してもらおう!

  • 薬局・ドラッグストアで薬を購入する場合

    事前にスポーツファーマシストが在籍する薬局・ドラッグストアを「スポーツファーマシスト検索ページ」で調べておくと、いざという時に安心です。突発的なケガにみまわれた場合のために合宿所など周辺の薬局を調べておくほか、日常的に使用する薬について相談するためにも、顔見知りのスポーツファーマシストを作っておくのがベストです。

  • 海外遠征時の対策マニュアル作成のため

    何かと不安が多い海外遠征の前には、トラブルを避けるためにも対策マニュアルを作っておきたいところ。現地に持っていく薬について、事前にスポーツファーマシストに相談しておくと安心です。