ドーピング検査手順(尿検査)

ドーピング検査の流れ

ドーピング検査を通して、クリーンさを証明

「真のアスリート」を目指して!

もしもあなたが努力して残した優秀な記録を、ドーピングによって出せたのではないかと疑問を持たれるようなことがあったらどう思いますか?人類の限界と言われる記録を超えたチャンピオンが、人が出せる記録ではないと疑われてしまうような競技を見たいと思いますか?ドーピング検査は競技会でも競技会外でも日常的に行うことで、アスリートがクリーンであることを証明します。努力によって優秀な記録を残せる、真のアスリートを目指しましょう。

1

通告・待機時

シャペロンの見える範囲で行動

シャペロン(通告者)から検査通告を受けますので、必ず相手の身元を確認してください。その上で、同意するサインをし、「ドーピング・コントロール・パス」受け取ります。通告を受けてから検査室に入るまでは、シャペロンの目の届く範囲で行動しなければなりません。検査前の待合室には、飲料が用意されていますので、開封前に密封状態を確認してから飲みましょう。

2

採尿カップの取り扱い

絶対に自分以外には触らせないで!

尿意を催したら、3つ以上の採尿カップから1つを選びます。カップを選ぶ際は袋の密封や破損状態、混入物がないかなどを確認し、採尿カップを袋から取り出す前に、ウェットティッシュか水道水を使って手を洗います。石鹸の使用は禁止されていますので注意してください。採尿カップは開封からサンプルキットに入れて封をするまで、自分以外の人物に触らせないでください。

3

検体の採取

緊張せずに深呼吸してリラックス

同性のドーピングコントロールオフィサー(DCO)の立会いのもと、トイレで採尿します。ズボンなどはしっかり下ろし、検体がアスリートの体から直接出ていることがわかるようにします。緊張を防ぐために深呼吸をして、リラックスしましょう。採尿が終わったら速やかにフタをしてください。作業室に移動する際はDCOにも採尿カップが見えるようにする必要があります。

4

分注・封印 ・署名

検体を二つに分けてサンプルキットに

まずは3つ以上のサンプルキットから、1つを選び、開封された形跡やキズ、汚れがないかを確認します。検体をA・B二つの検体用ボトルに分注して、しっかりとキャップを閉めます。尿比重が規定値を満たしていない場合には、検体の採り直しが求められます。公式記録書には7日以内に使用した薬やサプリメントを申告してください。個人情報や記載事項に間違いか確認し、署名をします。

5

部分検体

尿量が不十分の場合は再度採尿

尿量が不十分の場合、部分検体として保存され、適切な量に達するまで検体採取が行なわれます。部分検体のボトルは箱の中に入れてセキュリティーテープで封印。その後、再度採尿が行なわれ、封印したセキュリティーテープの番号があっているか、開封や操作された形跡がないかを確認してから、部分検体のボトルを取り出します。その後の封印作業は、前述のとおりです。

6

検体の分析

検体はWADA公認の三菱化学メディエンス株式会社に送られ、厳しい行程管理のもと分析されます。ドーピング検査の結果、A検体の検査で違反が疑われた場合は書面で通知され、B検体も陽性だった場合には通知日より14日以内に聴聞会が開催されます。