ドーピング検査手順(血液検査)

ドーピング検査の流れ

ドーピング検査を通して、クリーンさを証明

アスリートは自分がクリーンであることを証明するために、いつでもどこでも検査に対応する責務があります。ドーピング検査の手順と注意すべき点を知り、疑問や不安をクリアにしていきましょう。
検査の際に、不安なこと、気になることがあれば、気軽にドーピング検査員(ドーピング・コントロール・オフィサー:DCO)に聞いてください。
ドーピング検査の手順(尿及び血液)は、動画やリーフレットでも確認できます。


※障がいやケガで検査への対応が難しい場合は、手順や方法を変更することがあります。

1

通告・待機

・検査通告を受けたら、本人確認の上、検査に関する説明を受け、通告書に署名をします。
・その後、検査室に移動し、採決直前には、椅子に座り両足を地面につけた状態で10分間安静にします。

【注意】
・10分間の安静中に立ち上がると、その後座った時点から再度10分間安静に座り続けることが求められます。
・採血前に運動していた場合は、運動終了後2時間待機した後の採血となることもあります。

dm

2

書類作成・体調確認

・DCOから渡された重要事項などが記載された書類をよく読み、必要事項を記入してください。
・採血者から問診が行われますので体調不良やアレルギーなどは申し出てください。

【注意】
・採血時の器具でアレルギー反応を起こしてしまう方がいます。ゴムやアルコールにアレルギー反応がある方は、事前に伝えてください。
・過去の採血時に気分が悪くなったことがある、失神したことがある方は、事前に伝えてください。

dm

3

キット選び・確認開封

・検査に使用する器具を複数の中から選び、アスリート自身で破損や汚れがないことを確認します。
・バーコードシールとサンプルキットの検体番号がすべて一致しているかを確認し、問題がなければキットを開封し、DCOの指示に従い、机の上に置いてください。

dm

4

血液採取・止血

・採血を行う方の腕を採血者と相談して決めてください。
・採血後、採血者の指示をしっかり聞き止血しましょう。
・止血作業が終わったら、採血者が採血管に検体番号の貼付をします。

【注意】
・採血者の指示に従ってください。
・採血の際はリラックスしてください。
・内出血予防のため、採血後30分間は採血した腕を激しく使う運動等は避けてください。

dm

5

検体封印作業

・採血管に貼られた検体番号とサンプルキットのフタ、ボトルの番号がすべて一致していることを確認し、カチカチという音が鳴らなくなるまでフタを締めてください。

dm

6

書類作成・控えの受取

・検査の日からさかのぼって7日間に使用した薬やサプリメントを申告します。申告すべきか迷うものは、申告することを推奨します。
・ドーピング検査全体を通してのコメントがあれば、所定の書類に記入してください。
・個人情報、サンプルキット番号、その他、記載事項に間違いがないことを確認し、公式記録書に署名をします。
・検査書類のコピーを受け取り、検査終了です。控えは競技を続けている間は大切に保管してください。

【注意】
・病気や怪我の治療を目的として禁止物質や方法を使用する場合、事前に治療使用特例(TUE)の申請が必要です。
・DCOはTUE申請を受け付けられません。
・薬・サプリメントの申告や検査に関するコメントは、海外での検査であっても、母国語で記入できます。

dm