ドーピング検査手順(尿検査)

ドーピング検査の流れ

ドーピング検査を通して、クリーンさを証明

アスリートは自分がクリーンであることを証明するために、いつでもどこでも検査に対応する責務があります。ドーピング検査の手順と注意すべき点を知り、疑問や不安をクリアにしていきましょう。
検査の際に、不安なこと、気になることがあれば、気軽にドーピング検査員(ドーピング・コントロール・オフィサー:DCO)に聞いてください。
ドーピング検査の手順(尿及び血液)は、動画やリーフレットでも確認できます。


※障がいやケガで検査への対応が難しい場合は、手順や方法を変更することがあります。

1

通告・移動

・検査通告を受けたら、本人確認の上、検査に関する説明を受け、「通告書」に署名をします。
・その後、速やかに検査室へ移動し、尿意をもよおすまでリラックスして待機してください。

【注意】
・飲食をする場合は、未開封であることを確認するなど、自らの管理のもと行ってください。
・飲料をたくさん飲むと尿検体の濃さが基準値を下回る可能性があり、基準値を満たすまで何度も検体を取り続けなければならなくなるので飲み過ぎには注意してください。
・通告を受けてから最初に出る尿を、検査用に提出してください。

通告・移動

2

採尿カップの選定

・アスリート自身で3つ以上の採尿カップの中から1つを選び、袋が未開封であること、採尿カップやキャップなどに破損や汚れがないかを確認します。
・検体採取の前に水道水で手を洗います。(石鹸の使用は禁止されています)

【注意】
・採尿後に検体をボトルに入れ、しっかり封をするまで、採尿カップやボトルはアスリート自身で責任をもって管理をしましょう。

採尿カップの選定

3

尿検体の採取

・同性のDCO立ち会いのもと、採尿を行います。検体がアスリートの身体から直接出ていることをDCOが確認できるよう、上着の裾や袖をまくり上げ、ズボンや下着などはDCOの指示に従って、しっかり下げましょう。
・尿検体は、90ml以上が必要です。
・検体採取後の採尿カップは、すぐにキャップを閉め、DCOから見える位置で持ちながら作業室に移動しましょう。

緊張せずに深呼吸してリラックス

4

検体封印作業

・アスリート自身で3つ以上のサンプルキットの中から1つを選び、未開封であることを確認してから開封してください。
・サンプルキットの中身をすべて取り出し、破損や汚れがないかを確認します。
・サンプルキットの箱の番号、同封されているボトル、キャップ、バーコードシールの番号がすべて一致しているかを確認してください。
・DCOの指示のもと、尿検体をBボトル及びAボトルに注ぎ、しっかりとキャップを閉めます。
・採尿カップに残った尿を使い、比重(濃さ)を計ります。比重計で1.005未満の場合、追加で検体を採取します。

検体封印作業

5

部分検体

・尿量が基準(90ml)に満たない場合、部分検体として保管され、基準の量に達するまで尿を注ぎ足して検体採取を行います。
・サンプルキットおよび部分検体キットを3つ以上の中から1つずつ選び、破損や汚れがないかを確認します。
・Aボトルにすべての尿を入れ、部分検体キットに同封されているキャップでふたをします。すべてのボトル、シールなどを箱の中に入れ、部分検体バッグに封印します。
・再び尿意をもよおしたら、再度検体採取を行い、封印作業を行います。
・仮封印した部分検体バッグの番号と公式記録書の自分の名前を確認し、開封や操作された形跡がないかを確認します。
・サンプルキットを開封したら、Aボトルの尿と2回目以降に採取した尿を混ぜ合わせます。尿量が基準に達した後は、通常の手順と同じです。

部分検体

6

書類作成・控えの受取

・検査の日からさかのぼって7日間に使用した薬やサプリメントを申告します。申告すべきか迷うものは、申告することを推奨します。
・ドーピング検査全体を通してのコメントがあれば、所定の書類に記入してください。
・個人情報、サンプルキット番号、その他、記載事項に間違いがないことを確認し、公式記録書に署名をします。
・検査書類のコピーを受け取り、検査終了です。控えは競技を続けている間は大切に保管してください。

【注意】
・病気や怪我の治療を目的として禁止物質や方法を使用する場合、事前に治療使用特例(TUE)の申請が必要です。
・DCOはTUE申請を受け付けられません。
・薬・サプリメントの申告や検査に関するコメントは、海外での検査であっても、母国語で記入できます。

書類作成・控えの受取