CLEAN SPORT Athlete Site

居場所情報を提出・更新

居場所情報の提出を求められた際は、決められた情報を適切な方法で提出・更新する必要があります。
下記の情報を参考に、検査員(DCO)が辿り着くことのできる正確で詳細な内容を提出しましょう。

提出する情報

  1. ①60分時間枠:5:00~23:00の間でアスリート自身が1日1回指定し、必ず検査に対応できる60分間の時間と場所
    確実に検査に対応する必要があります。
    自身で指定した時間と場所で検査に対応できなかった場合、「検査未了」とみなされます。
  2. ②宿泊先:毎日の宿泊先住所
  3. ③定期的な活動:定期的なトレーニング・練習を行う時間と場所
  4. ④競技会:出場予定の競技会(大会・試合)情報
    国内外の競技会に出場予定としてエントリーを済ませたら、すぐに提出・更新を

競技会外検査は、いつでも・どこでも実施されます。

提出・更新方法

WADAが運用・管理する「ADAMS(アダムス)」というWebシステム、または「Athlete Central(アスリートセントラル)」というスマートフォン/タブレット用アプリから居場所情報を提出・更新ができます。

Webサイト(PC)で提出・更新する

アクセス方法 検索名:WADA ADAMS
対応ブラウザ

Internet Explorer/Firefox/Microsoft Edge
Safari/Google Chromeは使用できません。
居場所情報提出の初回ログインは、ADAMSにて実施する必要があります。

アプリ(スマートフォン・タブレット)で提出・更新する

アクセス方法 検索名:Athlete Central
ダウンロード

ADAMS初回ログイン後、1時間以上経過してからAthlete Centralの設定が可能となります。

ADAMS(Anti-Doping administration and Management System)とは?

ADAMSとは、アンチ・ドーピング活動に関わる世界中の情報を保存、管理し、調和させるためにWADAが構築したシステムです。
ADAMSのアカウントが付与されているRTP/TPアスリートは、自身の居場所情報を入力・更新でき、自身のドーピング検査、TUE、違反等の履歴も確認できます。
ADAMSに提出した個人情報は「プライバシー及び個人情報の保護に関する国際基準(ISPPPI)」で厳格に守られます。

ADAMS

提出期限

居場所情報をQuarter(クォーター:1年を3ヶ月ごとの4つに分けた期間)ごとに提出します。
JADAで定めている提出締切は、次のクォーターが始まる前の月の15日です。
IFのRTP/TPに登録されているアスリートは、IFの提出期限が異なる場合もありますので、IFに提出期限を確認の上、早い方を優先して提出してください。

BACK